前へ
次へ

虫歯の放置は、後悔する結末が待っている

虫歯の痛みは、痛みが強く現れる状況もあれば、その痛みが治まり、2、3日痛みが治まり続ける場合もあります。
痛みの治りは、完治したのでは無く、意識的に刺激を控えた結果に過ぎません。
虫歯の痛みが一度でも現れている状況は、神経近くまで歯が悪化している状況でもあります。
この状況を放置し続けると、細菌がそこから入りやすくなり、歯の周りを炎症させてしまう可能性が高まります。
顎の炎症である顎骨骨髄炎が起きる可能性も高まり、時と場合においては治療が困難になる場合もあるのです。
細菌が血流に乗れば、様々な場所に痛みが生じやすくなり、一見、虫歯との因果関係が無い様にも思われるかもしれません。
虫歯の放置は、健康な体の人でも、病気になりやすい体質に変わる可能性も考えられます。
あまり口にされない冷たい食べ物や、温かい食べ物を食べた時に痛みが生じる場合は、歯を頑丈にさせているエナメル質が薄くなっている可能性もあり、早めに歯医者などの医療機関に足を運ぶのも大切です。

Page Top