前へ
次へ

虫歯予防には歯磨きを上手にすること

歯が痛くもないのに、歯科医へ通う人が増えています。
これは予防歯科とも言われ、虫歯や歯周病にかからない最善の方法となっています。
歯科医へ行くと口内の状態を見ることで、患者さんが行う普段の歯磨き状態を確認されます。
歯磨きは綺麗に磨いてつもりでも、意外と隅々まで行われていないのが実態と言われます。
その原因となっているが、歯ブラシだけでは隅々まで綺麗にすることが出来ないのですが、歯ブラシだけ歯の清掃を終わらせてしまう人が多いのが現実です。
歯ブラシが終わった後、歯間ブラシや糸ようじなどを用いて、歯ブラシでは届かない場所を更に綺麗にする必要があるのですが、普段は行う人が少ないと言われます。
予防歯科では、患者さんに歯磨きをしてもらうことで、歯垢の確認が出来る溶液を用意しています。
歯磨きが終わった後、磨き残しを確認してもらうことで、歯磨きの雑さを確認してもらえる訳です。
丁寧に磨いているつもりでも、完全な歯磨きが出来ていないことを知ってもらい、更なる虫歯予防につなげる歯科が多くなりました。

Page Top