前へ
次へ

虫歯の神経は、取るとどうなるのかについて

虫歯の痛みは、神経が痛みを脳に伝えているため、痛みが強い人の中には、神経を取って欲しいと先生に願い届ける人もいるでしょう。
歯も生きた存在であり、虫歯が原因で神経を取ってしまうと、歯が死んでしまい褐色します。
神経は、栄養を届ける働きもあり、周りの組織が弱まってしまう場合もあるのです。
歯は、隣同士が強く支え合っている場合もあり、弱まった場所から連鎖的に虫歯や歯周病になってしまう可能性も高まります。
虫歯の痛みの中には、神経そのものが悪化している場合もあるのです。
先生が、神経が再生不可能だと判断した場合において、神経を取る決断をする場合もあります。
先生によってその考えに違いがあり、神経を取る事を勧める先生もいれば、神経を残す事を勧める先生もいます。
神経を抜いた場合は、痛みがなくなるため、それで終わりだと思われる人もいるかもしれません。
神経を抜いた後は、そこが感染しないための治療も必要であり、神経を抜いた方が治療が長引く場合もあるのです。

Page Top